森林カーボンクレジット生成に関する実証試験の実施および RWAサーキュラーエコノミー(RWACE)の実現による社会貢献への取組み

Greenway Grid Global Pte. Ltd.(本社:シンガポール、代表取締役社長;芝 和彦、以下「GGG」)、Carbontribe Labs OÜ(本社:エストニア、タリン、CEO:矢野 圭一郎、以下「Carbontribe(カーボントライブ)」)は、アジア地域の森林・マングローブ林で森林カーボンクレジットの生成とRWAサーキュラーエコノミー(RWACE)1※2の実現に向けてクレジットNFT※3化の実証試験を行い、Carbontribeが独自開発する衛星画像×AI・Deep Learning4を適用した解析モデルの有用性および解析により取得したデータのNFT化を確認することができました。

今後、我々は今回の実証試験で得られた知見・ノウハウを活用し、森林カーボンクレジット事業をリアル/デジタル(ReFi※5)の両領域で実現し、RWACEを通じて気候変動への対応、地域コミュニティへの貢献を実現していきます。

実証試験の概要
本実証試験では、日本の森林(約16,000ha.)、ベトナムのマングローブ林(約12,000ha.)、インドネシアの熱帯雨林(約50,000ha.)に対して、Google Earth Engine APIから取得した衛星画像データをCarbontribeが独自開発したDeep Learningを用いて解析し、AIによる広範囲における森林の複雑な増減変化の追跡や可視化が可能であることが確認できました(図1;衛星画像データ解析結果より)。これにより、AI・Deep Learningによる解析技術の有用性に加え、現在手作業で実施している森林カーボンクレジットの申請やその確認をdMRV※6を用いてデジタルで証明できるポテンシャルがあることを確認しました。

また、森林カーボンクレジットマーケットの民主化7を見据えたクレジットのNFT化について、クレジット生成のNFT化プロセス(図2;NFT化の検証)を検証することで、将来的にGGG・Carbontribeがアジア発のボランタリークレジットの独自デジタルクレジットスタンダードを開発できる可能性を確認しました。VERRAに代表される従来のクレジットスタンダードの透明性やコストなどの課題を解決するため、AI・Deep Learningで解析、dMRVで証明、トークン化で市場へ、この流通を一気通貫で行えるフルデジタルスタンダードを世界に先駆けて独自開発することで、クレジット市場そのものの裾野を広げることができると考えています。

今後の取り組み
我々は今後、今回の実証試験で得られた知見・ノウハウを活用し、互いの強みを活かしてシナジーを発揮することで、森林カーボンクレジット事業を加速させていきます。

まずは、インドネシアの森林において現地パートナーと共に、実際に森林カーボンクレジットプロジェクトを創り出します。日本の技術などを導入しながら、信頼性・透明性を担保した高品質な森林カーボンクレジットの創出に取り組み、プロジェクトを通して地域コミュニティとwin-winの関係構築をしていきます。

また、既存のコンプライアンスとボランタリーのスタンダードに基づくカーボンクレジットの生成も同時に行いながら、独自のフルデジタルスタンダードの実現についても実フィールドで検証していく予定です。

本取り組みにより、ReFiを実現し、“RWAサーキュラーエコノミー(RWACE)”の黎明期における世界の先駆けとなることを目指し、持続可能なビジネスとして気候変動への対応や地域コミュニティ・エコシステムに貢献していきます。

<RWACEイメージ>

<図1;衛星画像データ解析結果>

• マングローブ林エリアの検出、年ごとの増減変化を追跡

<図2;NFT化の検証>
• 衛星画像データのAI解析により検出された森林エリア(面積)のNFTトークン化

 

<関連プレスリリース>
・森林カーボンクレジット生成をAIにより支援する Carbontribe社との将来株式取得略式契約の締結について (2024年2月29日 お知らせ済)
(https://www.greenwaygrid.global/greenway-grid-global-concluded-a-simple-agreement-for-future-equity-safe-agreement-with-carbontribe-labs-ou-jp/)


<参考>
※1 RWA     :Real World Assetの略。ブロックチェーン技術を用いて現実の資産をデジタル上に表現する方法や概念を指す。

※2 RWACE    :RWA Circular Economy略。現実の資産をデジタル上に表現(RWA)し、そのデジタル上での取引などから得られる利益を現実の資産をより良くしていくことに使うことで、リアルとデジタルの垣根を超えて生み出される循環経済。

※3 NFT     :Non-Fungible Tokenの略。ブロックチェーンの技術を活用して、唯一無二の電子データであることを証明する技術。

※4 Deep Learning:人工知能(AI)技術の中の機械学習技術の一つ。人間の手を使わず、コンピューターが自動的に大量のデータの中から希望する特徴を発見する技術を指す。

※5 ReFi     :Regenerative Finance(再生金融)の略。ブロックチェーンの仕組みを利用することにより、資源価値等をデジタル資産(NFT)に変換し、地球環境などの再生に繋げるファイナンス事業を指す。

※6 dMRV     :digital measurement, reporting and verificationの略。デジタル技術を用いたリアルアセットのデータ解析と証明を行う技術。

※7 森林カーボンクレジットの民主化
:NET ZERO、CO2削減の取り組みを大企業から広げ、一般の方にも森林カーボンクレジットに興味を持っていただけるように、デジタルトークンとして売買できるようにすること。


<本件に関するお問い合わせ先>

・GGG contact@greenwaygrid.global (担当:鶴井)
・Carbontribe info@carbontribe.me

 

Related post

Our Facebook

Follow us on X

Privacy Preference Center